PR

佳久創の筋肉はラグビー仕込み?学歴や父兄についてと結婚はしているのか調査!(キングオージャーカグラギ役)

テレビ
スポンサーリンク

毎週日曜放送の「王様戦隊キングオージャー」で黒色のハチオージャーこと、カグラギ・ディボウスキ役を務めている佳久創(かくそう)さん!

過去にはスポーツドラマ「ノーサイドゲーム」や、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で弁慶を演じるなど、体格を生かした役柄でファンを魅了してきました。

また、佳久さんの父親や兄も運動神経や体格に恵まれていてスゴイ方だという噂もあり、どんなご家族なのかか気になりますよね。

そこでこの記事では、

  • 佳久創の筋肉の秘密は?
  • 佳久創の父親や兄について
  • 佳久創のプロフィール(学歴や経歴など)
  • 佳久創は結婚してる?彼女は?

など気になることについて調べてみました!

キングオージャーになった経緯などもご紹介していますので、ぜひご覧ください♪

 

スポンサーリンク

佳久創の筋肉がすごいと話題

キングオージャーで黒色のハチオージャーを務める佳久さんの筋肉に注目が集まっています!

筋肉に注目している意見が多数ありました!

中には「衣装のせいで筋肉が見られないのが残念」なんて声もありましたが、逆に「あのもさもさの衣装を着ていてもガタイがいいのが分かるって素敵」という声も^^

キングオージャーの中で衣装を脱ぐタイミングがあるかどうか、楽しみですね!

 

ちなみに、衣装ですが・・・

こちらのキングオージャーでの衣装、なんと5㎏以上あるらしいです。

長い撮影の間ずっとこちらの衣装を着ていますが、筋肉がある佳久さんだから大丈夫なのでしょうね。

普通の人ならきっと途中で疲れて動きが鈍ってしまうのではないでしょうか!

 

スポンサーリンク

佳久創は元ラグビー選手?

前項でご紹介したツイート内容でも触れられていましたが、佳久さんは中学・高校・大学でラグビー部に所属し、社会人になってもラグビーを続けていました。

大学時代は全日本チームにも選ばれるなどの活躍をされていました。

社会人になってからはトヨタ自動車のヴェルプリッツに入団していましたが、大学時代の大怪我(左膝前十字靭帯を断裂)を引きずり思うようにプレーができず、2年で退団してしまったという過去があります。

こちらの一番左手前の方が佳久さんです!

肩や胸板が分厚く、ラガーマンとしての筋肉が発達していることがわかりますね!!

 

スポンサーリンク

佳久創の学歴がすごい?

佳久創さんは

高校:愛知高等学校(偏差値65)

大学:明治大学法学部

をご卒業されています!

高校では無名だったラグビー部を大会で準優勝まで押し上げ、大学では名門明治大学の選手の中でもトップクラスのスピードの持ち主だったとか。

ラグビーの実力もありながらお勉強もできて、文武両道なんですね^^

しかも長身でイケメンですから、スーパーマンです!!

 

スポンサーリンク

佳久創の父親と兄はスポーツ選手?

佳久創さんのお父様は、台湾人で元プロ野球選手として中日ドラゴンズで活躍した郭源治(かくげんじ)さんです!

そして双子の兄である佳久耀(かくよう)さんも元野球選手で「統一セブンイレブン・ライオンズ」の練習生として入団されていたようです。

残念ながら本契約には至らず、現在は引退をされているみたいですね。

佳久さんも中学までは野球をやっていたようですが、顧問の先生の誘いで中学3年生の途中からラグビーに打ち込むようになったそうです!

佳久創の家族構成は?

佳久さんのお母様は日本人で、元CAのミス日本にも選ばれた佳久美恵子さんです。

ご兄弟は双子のお兄さんの他に、姉の彩悠(さいゆう)さんと妹の悠依理(ゆいり)さんがいらっしゃいます。

父・母・兄・姉・妹の6人家族ですね!

お父様の運動神経とお母さまの美貌の血を引いて、子供たちも皆さん運動神経や見た目が良いそうです。

うらやましいですね!

 

スポンサーリンク

佳久創の年齢、血液型などプロフィールまとめ

佳久さんのプロフィールをまとめます!

  • 氏名:佳久創(かくそう)
  • 生年月日:1990年10月28日
  • 血液型:O型
  • 身長/体重:185㎝/92㎏
  • 趣味:ラグビー、筋トレ、映画鑑賞、WWE(プロレス)観戦
  • 特技:ベンチプレス(130㎏)、グースステップ、歌

特技のグースステップが何なのか分からず調べてみたのですが、ラグビーで使うステップの事みたいですね。

足を入れ替えてスピードを変え、相手にタックルさせないような走法のテクニックだそうです!

 

佳久さんは、ラグビーの実業団退団後、2015年からKAKUという名前で歌で芸能活動を始めます。

趣味が歌、とあるように、腕前も相当なものみたいです!

そして2016年には漫才コンビ「ピグマリオンコウカ」を結成しますが、翌年には現所属のアクロスエンターテイメントに入り声優塾や演技の練習に入ったそうです。

出演ドラマは

  • 2019年、NHK BSプレミアム「キミに最後の別れを~永遠なれ ラグビーの青春~」
  • 2019年、TBSの日曜劇場「ノーサイドゲーム 」
  • 2022年、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で武蔵坊弁慶役

と体格を活かした役を演じ、他にもバラエティーやCMなどにも出演しながら実力を伸ばしていきました!

漫才コンビを組んでいたのは意外でしたが、過去の様々な経験を積んでやっと今花開いたという所でしょうか。

今後の活躍に期待ですね^^

 

スポンサーリンク

佳久創は結婚している?彼女は?

佳久さんの彼女や結婚しているかどうかについての情報を調べてみたのですが、残念ながら情報がありませんでした!

過去の経歴を見ていると、ラグビーの実業団から歌や漫才、演技など常に活動的な佳久さんなので、忙しくて恋愛どころではなかったかもしれませんね。

最近活躍が目覚ましくなってきた方なのでまだ情報が少ない為、今後新たな情報が出てくる可能背もあります!

情報が分かり次第、追記します!!

 

スポンサーリンク

佳久創がキングオージャーになったきっかけは?

キングオージャーのオーディションを受けたのは、プロデューサーからの誘いがきっかけだったそうですが、30代の自分がまさか合格できるなんて思っていなかったそうです。

合格を受けて、幼少期「ダイレンジャー」の大ファンで親に『ヒーローになりたい』と言っていたそうでとても感慨深いと語っていました^^

前作「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」のキジブラザー(雉野つよし)役の鈴木浩文さんに続き、スーパー戦隊シリーズの30代戦士となった佳久さん!

「今回の作品も、30代のバトンがこれからも続いていけるようなすごい作品にしていきたい」と目標を立てているそうです。

30代の戦士、20代とは違った貫禄があって私は大賛成です♪

ぜひ30代戦士が続いてほしいので、こんごも応援していこうと思います♪

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、佳久創さんの筋肉の秘密やご家族、プロフなど気になることをまとめました!

佳久さんの素敵な筋肉はラグビー仕込みで、元プロ野球選手である父親の遺伝子を受け継いでいることがわかりましたね。

実は台湾人とのハーフであることや、過去に漫才コンビを組んでいたことなど意外な事実も発覚しました^^

キングオージャー出演を機に、今後ますますご活躍されるでしょうね^^

これからも応援してきたいと思います!

コメント