PR

大谷翔平の両親の教育方針は?メンタルの強さや性格人柄の良さを育てた秘訣を調査!

スポーツ
スポンサーリンク

世界で活躍し時の人となっている大谷翔平選手!

その実力はメジャーの中でもトップクラスで、多くの人に感動を与え続けてくれていますね^^

そんな大谷選手ですが、いったい幼少期はどのように育てられてきたのか気になる方は多いのではないでしょうか?

自分の子供も大谷選手のように!と願う親御さんもいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、

  • 大谷翔平の両親の教育方針は?
  • 大谷翔平のメンタルの強さの秘訣
  • 大谷翔平の性格の良さの原点

など、気になる事をまとめました^^

 

スポンサーリンク

大谷翔平の両親の教育方針まとめ!

大谷選手は野球の実力はさることながら、「努力の天才」や「超人的メンタル」などと内面の評価もとても高いですね。

そんな大谷選手は、ご両親にどのように育てられたのでしょうか?

調べてみると、なにか特別に家庭のルールがあったというわけではなかったそうです。

しかし、大谷選手やご両親のインタビューなどを見てみるとたくさん参考になる情報が見つかりました!

両親仲良くする

特別な家庭のルールはないと言っていましたが、ご両親が唯一決めたルールが『子供たちの前で夫婦喧嘩をしないこと』でした。

家では子供たちが安らげる空間をつくることを大切にしていたそうです。

「おはよう」「ありがとう」といった当たり前の挨拶も、まずは両親がしっかりとすることで気持ちの良いコミュニケーションが取れていたそうですよ。

結果的に子供たちは自分の部屋があっても家族のいるリビングで過ごすことが多かったようで、とても居心地の良い家族関係だったことがわかりますね^^

家族で過ごす時間を大切にする

大谷家で特に大切にしていたのが、家族で過ごす食事の時間。

夕食は必ず家族全員で食卓を囲み、大谷選手の嫌いなトマトは食べることを強要せず、とにかく楽しく食事をするという方針だったそうです。

お母様は学校の給食である程度バランスが取れているはずだと考えて、あまり神経質にならない様にしていたんだとか!

せっかく用意した食事だから全部食べて欲しい!と思ってしまいがちだと思いますが、おおらかに見守る姿勢は尊敬します^^

自分で選ばせる、やらせる

何か選択肢があった場合は本人に全て決めさせたそうです。

例えば幼少期の習い事、高校卒業後は夢だったメジャーではなく日本のプロ野球進んだこと、ピッチャーとバッターどちらかに絞らず二刀流で勝負することなど! 

大谷選手ほどの実力なら小さい頃から親の英才教育など受けていてもおかしくないように思いますが、違うんですね^^

また、「出したものは自分で片付ける」といったこともご両親が徹底していたそうです。

そんなご両親の姿をみて、自分の行動は最後まで自分が責任を持つという事を学んだのかもしれませんね!

楽しく、全力でやれるようにサポートする

大谷選手が自分で選んだことや決めたことは、その気持ちを尊重してご両親が全力でサポートしたそうです。

その時も決して「自分で決めたんだから最後までやりなさい!」とは言わず、何かを辞めるのも自分で決めさせていました。

何事も楽しんでやれる環境があったからこそ、好きなことをとことん追求することができたんですね!

細かいことに口出ししない、怒らない

大谷選手は、親から叱られた記憶がほとんどないそうです。

ダメなことをしたら、理解するまで丁寧に説明!

大谷家は基本的に「自分の事は自分でやる」スタイルなので、勉強しなさい!早く寝なさい!といったことを口うるさく言わず、自分で失敗して自分で学んでいくという事を意識されていたのかもしれませんね。

お母様曰く、「3兄弟の末っ子なので上の子が失敗してるのを見て自分はやらないようにするという要領の良さがあった」そうです。

反抗期というのも特になかったそうなので、怒られるようなことをそもそもしない「良い子ちゃん」だったようです!

自宅は野球漬けにしない

大谷選手のお父様は野球のコーチなので、グラウンドでは厳しく指導にある事もありました。

しかし、家では大谷選手の自主練に口を出すことはせず、怒る事もしないようにしていたそうです。

練習中と家でオンオフを上手く切り替えられていたことも、大谷選手が野球に熱心に取り組めた理由のひとつかもしれませんね!

交換日記でコミュニケーションに工夫

大谷選手は、日々の野球の練習についてお父様と交換日記をしながらコミュニケーションを取っていました。

その日できたことや失敗したことについてお父様がアドバイスを添えて返していたそうです。

言葉でのやり取りも大切ですが、日記のように明文化することで、自分の気持ちや次にやるべきことなどがハッキリ整理できます。

こうしたやり取りが大谷選手の成長を加速させたのでは無いでしょうか^^

親も楽しむ姿を見せる

大谷選手のご両親は、自分たちが楽しむという事も大切にしていたそうです。

確かに、子供中心で自分たちが我慢ばかりしていたら疲れてしまいますし、たまったイライラは子供に伝わってしまうと言いますよね。

子供にとって最高の教育は、両親が幸せな姿を見せる事』と言われています。

ご両親が心から楽しんでいる姿をみせていたからこそ、前向きでおおらかな大谷選手の性格があるのだと思います^^

 

スポンサーリンク

大谷翔平と藤井聡太の教育方針の共通点

大谷選手のご両親の教育方針は、将棋の藤井聡太棋士のご両親の教育方針と共通点があると言われています!

今を時めく天才と言われるお二人を育てた教育方針とは、

  • 口を挟まずに見守る
  • 本人の自主性を尊重する

という、意外にもシンプルな共通点!

子供たちの「やりたい」という気持ちを優先し、余計な口出しをせずにとことんやらせるんだそうです。

子供が何かやっている時に「もっとこうしなさい」とか「そろそろ終わりにしないさい」などと言ってしまいそうになりますが、大谷選手や藤井棋士のご両親は見守るに徹していたんですね。

そういったご両親の教育方針もあり、大谷選手や藤井棋士は好きな事をとことん楽しんで追求することができたのでしょう^^

ちなみに、

  • 大谷選手は飲みに行くより練習が好き
  • 藤井棋士は趣味が詰め将棋

なんだそうです。

周りからものすごい努力だと思われているようなことも、本人たちからしたら楽しいからやっているだけなのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

大谷翔平のメンタルの強さの秘訣

大谷選手は「超人的なメンタル」と言われていますが、その秘訣は何なのでしょうか?

大谷選手ご本人が取り組んでいることについて調べてみました!

大谷翔平の曼荼羅(マンダラ)チャート

大谷選手が作った目標達成シートをご存じでしょうか?

このマンダラチャートは思考の過程で抜け漏れがあったり、目標設定した分野に一定の知識がないと品質が著しく落ちてしまうと言われています。

大谷選手はしっかりと全てのマスを埋められてますし、内容も明確で分かりやすいですよね。

学生時代から目標の立て方がしっかり明確であったことが行動に繋がり、メンタル強化に役立ったのではないでしょうか!

大谷翔平の愛読書

大谷選手は、実はかなりの読書家だそうです。

野球の練習と疲れでいっぱいいっぱいかと思いきや、たくさんの本を読んで常に学びを忘れません。

野球に関する本や漫画なども読みますが、

こういった自己啓発本やビジネス書もたしなみます!

1回読んだだけで得られるものは30~40%なので、何回も読むことでもっと違う捉え方ができると語っていた大谷選手。

読書は将来成功するために必要不可欠であると捉え、学生時代から続けているんだそうです。

読書から野球以外の知見を取り入れ、実行しているからこそ、今の大谷選手のメンタルがあるのではないでしょうか^^

大谷翔平の名言

大谷選手の強メンタルと言われる考え方がよくわかる名言をご紹介します!

読書から得た大量の知識と、実際に行動して得た経験から様々な名言を残している大谷選手。

  • 「やれるかやれないかではなくて自分次第」
  • 「成功するとか失敗するとか僕には関係ない。それをやってみる事の方が大事」
  • 「イラっときたら、負けだと思っています。」
  • 「誰しもが出来るところでやっても何の得にもならない」
  • 「怖さ、プレッシャーあっての楽しさ」

『全て自分次第』『何事も楽しむ』といった考えが軸になっていることが伺えますね!

これは大谷家の教育方針が大切にしていることをそのまま表しているようにも思います。

幼少期から大谷家で培われたものが、強メンタルの基礎になっているのでしょうね^^

 

スポンサーリンク

大谷翔平の性格の良さ

大谷選手の性格を見ても、大谷家の教育方針の影響が大きいのではないかと思います。

大谷選手の性格は、

  • 神経質にならず、おおらか
  • いつも笑顔で親しみやすい
  • でも心の中では負けず嫌い
  • 決めたことをやり抜く芯の強さがある

と言われ、その性格の良さも人気の一つとなっています。

『細かいことを気にせず好きにやらせる』『自分の行動に最後まで自分で責任をもたせる』といった大谷家の教育方針が、今の大谷選手を作ったのではないでしょうか^^

大谷翔平の幼少期は甘えん坊?

大谷選手は兄と姉がいる3兄弟の末っ子です。

ご両親のインタビュー記事の中で、大谷選手の『幼少期は甘えん坊で、良くも悪くも周りに左右されない末っ子らしいマイペースな性格』だったと明かされていました。

ストイックに野球に取り組み、海外でも実力をいかんなく発揮する大谷選手はしっかり者のイメージですが、甘えん坊だったのは意外ですね!

元々こういった末っ子気質の性格だったところが、ついつい周りが協力してあげたくなるような人望につながっているんですね^^

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、大谷翔平選手の両親の教育方針と、メンタルの強さや人柄の良さについてまとめました。

ご両親は「特別なことは何もしていない」とおっしゃっていましたが、蓋を開けてみると目からウロコなことが盛りだくさんでしたね^^

今後ますますご活躍されるであろう大谷選手!

これからも引き続き応援していきたいと思います♪

コメント