PR

横浜ストロベリーパークが予約できない?予約の取り方や口コミを調査

スポット
スポンサーリンク

横浜で年中いちご狩りが楽しめる人気スポット「横浜ストロベリーパーク」!!

火力発電所に併設されていて、オール電化のハウスで徹底して管理して育てられているので、旬を気にせずいつでもいちごを食べられるんです^^

行くためには必ず予約が必要なのですが、大変人気なため予約が取りずらいという噂も・・・

そこでこの記事では、

  • 横浜ストロベリーパークの予約状況や予約方法
  • 横浜ストロベリーパークの口コミ
  • 食べられるイチゴの品種
  • 食べ放題情報やカフェメニューについて

など気になることをまとめてみました!

 

お出かけ・旅行はコチラもチェック!
  • 全国旅行支援!最大20%OFF+クーポン配布

じゃらん楽天トラベルYahoo!トラベル一休.comJTBるるぶトラベル

  • レジャー施設最大92%OFF!【会員登録3分!無料で登録できます♪】

日本最大級のレジャー・体験・遊びの予約サイト あそびゅー!

スポンサーリンク

横浜ストロベリーパークが予約できない?

「横浜ストロベリーパーク」と検索すると、「予約できない」の文字が一緒に出てきたので、実際どうなのか調べてみました!

すると・・・

2023年3月29日現在、公開されている予約可能枠(翌月4月分)は完全に埋まっており1つも枠が空いていませんでした。

予約が取りづらいというのは本当のようです。

 

ただ、昨2022年の夏ごろに訪れた方の口コミでは「比較的予約とりやすい」という意見がいくつか上がっていたので、時期によるのかもしれませんね。

外出するのによい気候の春や秋は予約が取りづらく、真夏や真冬など外の環境が厳しい時期は比較的空いていると思われます!

スポンサーリンク

横浜ストロベリーパークの予約方法!

横浜ストロベリーパークの予約は、公式HPからのみ可能です。

  • 土日祝日のみ営業
  • 一か月前の同日午前0時ぴったりに公式HPで予約枠が解放

なので、行きたい日にちが決まっている方は予約枠が解放されるその日に予約を取るようにしておきましょう。

少しでも予約確率を上げるためには?

時期によっては激戦になる可能性もあるので、そんな時はどうやったら予約確率を上げられるか?

おススメテクニックをご紹介します!

  • 午前0時ピッタリにアクセスできるように正確な時計を目の前にセットしておく
  • 直ぐに予約ボタンが押せる画面の直前で待機しておく
  • 人数で攻める

予約枠解放と同時に、いかに早くアクセスできるかがカギです!

家族や友人で協力して複数人の人海戦術で同時に攻めるのも有効ですよ!!

 

どれだけ激戦にもよりますが、確実に予約を取りたい日がきまっているのであればこれくらい入念に準備しておきましょう^^

スポンサーリンク

横浜ストロベリーパークの口コミ

横浜ストロベリーパークに実際に訪れた方の口コミを集めてみました!

一番多かった口コミは、「イチゴが甘くておいしい!」でした!

横浜ストロベリーパークのいちごは、障がい者の方が専門家の指導のもと一粒一粒丁寧に育てているそうです。

温度と湿度もバッチリ管理されているので、季節外れの温室育ちだからといって味が劣ることは全くないということですね!!

また、併設されているカフェについての口コミも多かったので、次にまとめますね^^

横浜ストロベリーパークカフェ

横浜ストロベリーパークには併設されているカフェがあります!

カフェは予約不要で楽しめるで、嬉しいですね^^

カフェでは飲み物やスイーツの他、お食事も楽しめます!

いちご摘みと同じくらいカフェも人気のようです♪

メニューはこんな感じでした↓↓

<メニュー>(税込価格)
 イチゴジュース 700円
 リンゴジュース 600円
 昭和のMixジュース 700円
 イチゴミルク 800円
 バニラシェイク 700円
 イチゴシェイク 800円
 レモネード/レモンスカッシュ 700円
 イチゴパフェ 2,800円
 シフォンケーキ 1,300円
 フレンチトースト 1,500円
 オニオングラタンスープ 1,000円
 クロックムッシュ 1,300円
 フルーツの彩りチキンサラダ 1,000円
 ラザニアSET 1,600円

参考:横浜ストロベリーパーク(旧:東京ストロベリーパーク) (reserva.be)

横浜ストロベリーパークのパフェ

カフェメニューで特に人気なのが、イチゴをふんだんに使ったパフェです♪

パフェの種類は季節によって変わりますが、大きいパフェはだいたい900円前後、小さいパフェは500円前後で楽しめるようです!

ぜひ一度食べてみたいですね~!!

スポンサーリンク

横浜ストロベリーパーク料金、アクセス、営業時間

  • 所在地:〒230-0053 神奈川県横浜市鶴見区大黒町11−1
  • TEL:045-394-5555
  • 営業日:土・日・祝のみ 11:00~16:00(事前予約制)
  • 定休日:平日
  • 受入時間:受付開始11:00(1回目 11:30~、2回目 12:30~、3回目 13:30~、4回目 14:30~ ※摘み取り時間は30分間となります)
  • 価格:いちご摘み取り一人あたり 税込1,980円(約300g)

未就学児は予約者1名に対して同伴2人までとなります!

一緒にいちご摘みをする場合はその分も含めてご予約が必要なので注意してくださいね^^

横浜ストロベリーパークの駐車場

第1駐車場(施設内の駐車場:42台)と第2駐車場(施設外のタイムズ駐車場:60台)があります!

第2駐車場はコインパーキングですが、施設を利用すれば料金は無料で、施設から歩いて30m程なので天気が良ければそこまで気にならない遠さですね。

第1駐車場も第2駐車場も広めの作りなので、よっぽど大きい車でなければ圧迫感無く駐車できると思います^^

スポンサーリンク

横浜ストロベリーパークのいちご狩りの種類は?

横浜ストロベリーパークで食べられるのは現在公表されているもので3種類です!

  • ペチカほのか:甘みと香りが強く、みずみずしい品種
  • よつぼし:甘味が強く、ほどよい酸味
  • かおりの:優れた香りで甘味が強く、おだやかな酸味

また、過去には「とちおとめ」「あきひめ」「UCアルビオン」といった品種があったようです。

訪れるたびに違う味が楽しめるので、何度も足を運びたいですね!!

スポンサーリンク

横浜ストロベリーパークは食べ放題?

横浜ストロベリーパークのいちご摘みは、残念ながら食べ放題ではありません。

予約人数分のいちご摘み用カップを渡されて、そこに詰められる分を詰めて持ち帰る形となります。

「当日まで食べ放題だと思って行ったのに残念」や「1カップだけならこの値段は高い」といった、食べ放題でないことに対する残念コメントがいくつか見られました。

確かに食べ放題でないのは残念ですが、徹底した管理のもと年中食べられるということですので、数に限りがあるのは仕方ないですね^^;

スポンサーリンク

まとめ

以上、横浜ストロベリーパークの予約方法、取り方や、口コミをまとめました!

これからGWや夏休みなど、長期休暇中は予約が取りづらい傾向にあります。

長期休暇でなくとも時期によっては予約が取りづらいことがありますので、行きたい日にちが決まっていたら予約枠解放と同時に予約するようにしましょう!

また、併設のカフェは予約不要なので、料理を楽しむ目的で訪れてもいいですね^^

年間通じていちご狩りができる場所は貴重なので、是非一度いってみてくださいね。

コメント