PR

バウアーは変人で親日家?どんな人物か調べてみた!

スポーツ
スポンサーリンク

横浜DeNAが、2020年にサイ・ヤング賞を受賞した元ドジャースのトレバー・バウアー投手を獲得したことがわかりましたね!

バウアー投手と言えば、過去ドジャースで3年総額100億円を超えるほどの契約をしていた超大物です!

このニュースを受けてTwitterでは「バウアー」やDeNA関連のワードが次々とトレンド入りして話題となっていました。 

 

そんなバウアー投手ですが、少し変わった人だとも言われています・・・

そこでどんな人物なのか気になって調べてみました!

この記事では、

  • バウアー選手のこれまでの成績や経歴は?
  • バウアー選手が「奇人」と言われる理由は?7
  • バウアー選手は親日家?

につていまとめています。

 

スポンサーリンク

バウアー成績と経歴

バウアー投手のプロフィールはコチラです!

名前:トレバー・アンドリュー・バウアー

出身地:アメリカ合衆国カルフォルニア州

出身大学:UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)

生年月日:1991年1月17日

身長:約185.4㎝

体重:93㎏

投球打席:右投右打

バウアー投手の出身大学はUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)出身で、世界の大学の中でもトップレベルと言われています。

野球も勉強も名門だということなので、バウアー投手は頭もキレるということが分かります!

その頭脳を活かしてSNSで野球の講義をしたり、独自のトレーニング法を編み出したりと、野球への理解と情熱がとても高い方なんですね。

スポンサーリンク

バウアーの成績

シーズン登板勝敗奪三振防御率WHIP
201241勝2敗176.061.65
201341勝2敗115.291.82
2014265勝8敗1434.181.38
20153111勝12敗1704.551.31
20163512勝8敗1684.261.31
20173217勝9敗1964.191.37
20182812勝6敗2212.211.09
20193411勝13敗2534.481.25
2020115勝4敗1001.730.79
2021178勝5敗1372.591.00
参考:トレバー・バウアー – Wikipedia

※WHIP:1投球あたり何人走者を出したかを表していていて、投手の成績評価よく比較されている項目です。(防御率と同じく数値が低いほど良い)

 

この成績を見ると2014年頃からその後の活躍の片鱗が見えていますね。

2018年:防御率2.21(リーグ2位)、奪三振221(6位)、WHIP1.09(5位)

2020年:防御率1.73(リーグ1位)、奪三振100(2位)、WHIP0.79(1位)

と素晴らしい成績を残しています。

バウアーの経歴

  • 2011年のMLBドラフトでアリゾナ・ダイヤモンドバックスから1巡目(全体3位)で指名を受け、プロ入り
  • 2012年にはメジャーデビューするが、成績振るわずシーズン終了後にクリープランド・インディアンスへ移籍
  • 2015年に初の規定投球回(最優秀防御率のタイトルを獲得する際ために必要な投球回)達成&二桁勝利
  • 2015~2019年まで二桁勝利という好成績を収め、2019年にシンシナティ・レッズは移籍
  • 2020年にサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)獲得
  • 2021年ロサンゼルス・ドジャースと3年総額1億200万ドルで契約
  • 2023年に横浜DeNAベイスターズと1年契約を結ぶ←今ここ!

プロ入りから数年間はなかなか目が出ず、規定投球回を初達成した2015年も、フォアボールがリーグワーストとなる79回でコントロールにまだ課題が残っている状態でした。

しかし、そこを皮切りに徐々に頭角を現し始め、2020年にはあのダルビッシュ投手を抑えて見事サイ・ヤング賞を獲得しました!

デビュー当時から課題であったコントロールも今では改善され、安定感のあるピッチングができるピッチャーとして位置づけられています。

バウアーの特徴は?

バウアー投手の特徴は、平均150キロ前後の速球でと評価の高いカーブ。

そして他にもチェンジアップ・スライダー・スプリットなど多彩な変化球を持っていて、奪三振率が高いのも特徴です!

安定感のあるストレートや変化球で奪三振が多いって、投手としてはほぼ無敵です!!

だからこそ、ドジャースでは歴代最高級の年俸で契約を結ぶことができたんですね^^

スポンサーリンク

バウアーは変人?

バウアー投手が「変人」と言われてしまう理由は、文字通り普通の人ならしないような変なことをやってしまうからです。

その代表例をご紹介しますね!

バックススクリーン遠投事件

自分の投球に納得がいかず、不満が溜まった結果その怒りのままマウンドからバックスクリーンにボールを投げてしまったことがありました。(しかも大遠投)

試合後にバウアーは反省し謝罪コメントを出していますが、今までそんなことをする選手は一人もおらず、前代未聞の出来事として多くの批判を浴びることとなってしまったんです。

この行為は褒められたことではありませんが、自身の不甲斐なさが相当悔しかったのでしょう。

それだけ野球への真剣さが強いということですね。

サイン盗み揶揄事件

ヒューストン・アストロズがデオカメラで相手捕手のサイン撮影し、ゴミ箱を叩くことで打者に球種を教えていたという「サイン盗み」。

わざわざこの「サイン盗み」を批判するためだけに、それ専用デザインのスパイクを作成したそうです。

言動で伝えるのではなく、スパイクでアピールする・・・確かに変わっているかもしれません!

スポンサーリンク

流血登板事件

シーズン直線、ドローンを作成してテスト飛行させた際に指を怪我してしまい、登板中その傷口から血をダラダラ流しながら投げていました

その後20球足らずで降板してしまう程の怪我だったのですが、ご本人はそんな無理をしてでも試合に出て勝ちたかったのでしょう。

その心意気は分かりますが、シーズン直前にドローンで遊んでいて怪我をしたっていうのはプロとして相応しくありません・・・

一刀両断ポーズ事件

日本での試合時、三振を奪った相手に向かって刀を振り下ろすポーズをしました。

このポーズは相手を一刀両断したという挑発を意味すると捉えられて批判されてしまいました。

(一方で「かっこいい」「さすが親日家」という声もが上がっていました)

感情が高ぶってついやってしまったのかと思いますが、普通の人なら思いとどまるところをやってしまうのがバウアー投手なんですね!

スポンサーリンク

バウアーは親日家

バウアー投手は親日家としても知られ、日本人選手や日本のプロ野球に愛着持ってくれているようです。

親日になったのは2009年にバウアーが日米大学野球で来日したのがきっかけです。

日本ならではの、声を揃えて応援するファンのエネルギッシュ観戦に魅了され、同時に、正確でスピーディーな日本選手の守備力や技術力の高さを認めていたそうです。

「(メジャーに)日本から来る選手は常に尊敬している」とも発言しており、自身のYoutubeチャンネルでは、サイ・ヤング賞を共に争ったダルビッシュ有投手や、史上最高の技術だと認めるイチロー選手など、日本人選手について語っています。

 

また、2020年にはレッズのクオリファイング・オファーを拒否し、「MLBやNPB日本プロ野球のオファーを検討します」とツイッターで発言しています。

オリファイング・オファーとは、契約期限の切れたものの、手放したくない選手に対してMLB上位125人の年俸上位選手の平均額を提示し、1年契約を結べる制度。

バウアーは約20億円もの額を蹴ってそのように発言しているのです。

 

バウアーは口だけでなく、行動でも親日を表してくれています!

日本の元巨人・岩隈投手監修のトレーニング施設を訪問したり、少年野球の指導も見学していました。

パ・リーグのクライマックスシーズを観戦していたという目撃情報があったり、日本の野球文化について社会学として勉強をしたり・・・

そこまで興味をもってもらうなんて、我々日本人にとって、とても嬉しいことですね^^

スポンサーリンク

バウアーのDV事件とは?

2021年6月頃、バウアーはインスタで知り合った女性から性的虐待DVを訴えられ、出場停止処分を受けています。

何があったのか簡単にまとめますね。

女性側の言い分
  • 同意なしに性行為強要された
  • 意識不明になるほど首を絞めたり顔を殴ったりされた

これに対し、バウアーは「同意の上だった」と主張。

暴行の証拠とされる女性の受診表についていも、CTスキャンとMRIの結果そのような傷はなかったとされています。

結果的に、バウアーは証拠不十分で不起訴処分となり罪に問われてはいません。

真相は不明ですが・・・すこし憂慮してしまう案件ですね^^;

スポンサーリンク

バウアー日本移籍に対する世間の反応

バウアー日本移籍のニュースを受けて、世間の声を集めてみました。

  • バウアー衝撃!素行が懸念されるが、実際に話をしたことがある立場から言わせてもらうと野球への想いはガチだったので応援したい
  • ベイスターズとは過去に関りもあるし親日家ということで、今までの素行は反省してこれから頑張ってほしい
  • 日本の野球に適応して素行が問題なければ十分活躍してくれるとは思う
  • DV本当か分からんけど、そういう人物を雇っちゃう日本どうなの?
  • DV疑惑の問題児、不安なんだが

「素行だけ注意してほしいけど、応援してる!」という声が多かったのですが、「DV疑惑の選手が来ても喜べない」という意見もありました。

不起訴処分でケリがついているとはいえ、やはり案件的に不安に感じる人もそれなりにいらっしゃいますよね。

他にはこんな意見も・・・

いい意味での暴れっぷりを期待したいですね!!

スポンサーリンク

まとめ

以上、トレバーバウアー投手について気になることをまとめました!

  • 最高年俸が単年で40億円を超えたこともある超一流選手
  • 一風変わった行動をとることがあり奇人と呼ばれている
  • しかしその実力は誰もが認めるところで「鬼才」と言われている
  • 大の親日家である

怒りや喜びをすぐにあらわしてしまい、良くも悪くも感情表現が豊かだと言えますね。

一方で、投手や打者、トレーニング法に至るまで細かく分析したり頭脳派な部分も持ち合わせています。

バウアー投手の素行は確かに変わったいる部分がありますが、それを加味してもとても魅力的な人物であると思いました!

今後日本でプレーするのが楽しみですね^^

コメント