PR

富士急ハイランドの待ち時間はどれくらい?【混雑回避のコツ10選】新アトラクションzokkonについても

お出かけ
スポンサーリンク

絶叫系の乗り物が大好きなら、一度は行きたいのが富士急ハイランドですよね!

コロナ規制も緩和され、旅行支援も始まっているので、「今年は行くぞ!」と思っている方も多いのではないでしょうか^^

しかし、富士急ハイランドと言えばアトラクションの待ち時間が長いことで有名です。

「朝から行ったのに2つしか乗り物に乗れなかった!」なんて方も・・・

せっかく行くなら、お目当てのアトラクションは全て制覇したいですよね。

そこでこの記事では、

  • 富士急ハイランドの待ち時間はどれくらい?
  • 混雑を回避するために出来ることは?
  • 新アトラクションzokkonとは?

など、気になる事をまとめました!!

お出かけ・旅行はコチラもチェック!
  • 全国旅行支援!最大20%OFF+クーポン配布

じゃらん楽天トラベルYahoo!トラベル一休.comJTBるるぶトラベル

  • レジャー施設最大92%OFF!【会員登録3分!無料で登録できます♪】

日本最大級のレジャー・体験・遊びの予約サイト あそびゅー!

 

スポンサーリンク

富士急ハイランドの待ち時間はどれくらい?

富士急ハイランドのアトラクションの平均的な待ち時間を調べてみました!

平日の混雑状況

平日であれば通常30~60分の待ち時間になる事が多いようです。

人気のアトラクションでも待ち時間がほぼないこともあって、タイミングが良ければ「エンドレスFUJIYAMA」なんてことができちゃったりもするようですよ^^

土日の混雑状況

土日は平日の倍近くの待ち時間になる事が多く、60~120分待ちになると考えておきましょう。

イベント開催とかぶると特に混雑するので、純粋にアトラクションだけを楽しみたい方はイベントの無い普通の土日を狙いましょう!

スポンサーリンク

雨の日の混雑状況

雨の日は比較的空いて待ち時間は30分以内のことが多いようです。

しかし、アトラクションが運休となっている可能性も高くなりますので注意が必要。

GW最終日の日曜日だったけどガラガラだったという情報もありました!

雨が弱かった、朝から降ってたけど昼で止んだなど、降り方次第ではラッキーかもしれませんね。

入場制限はある?

コロナ感染対策として行っていた入場制限は、現在は行っていないようです。

また、混雑による入場制限については公式HPで特に触れられていないのですが、「営業時間は予告無く変更になる場合があります」という記載があります。

GWや夏休みなど、混雑状況によってもしかしたら入場制限が行われる可能性もあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

富士急ハイランドの待ち時間で過去最長は?

個人的に気になったので、過去のアトラクション待ち時間で一番長いのはどれくらいだったのかを調べてみました!

新アトラクションの待ち時間

待ち時間が長いと言えば、新アトラクションですよね!

今あるアトラクションで、できた当初の待ち時間はどれくらいだったのか調べてみたところ、2件情報を見つけました。

  • FUJIYAMA:開始当時の待ち時間は8時間
  • ドドンパ:開始当時の待ち時間は8時間

えぐいですね!

数分で終わるアトラクションに8時間・・・それだけの価値があるということですね^^;

スポンサーリンク

人気アトラクションの待ち時間

夏休みやGW等の繁忙期ではどれくらいの待ち時間になるのか、過去の待ち時間を調査したところ、

  • 戦慄迷宮は8時間
  • ハリウッドドロップのバックは7時間
  • ええじゃないか6時間

という情報を見つけました。

また、ドドンパもできた当初と比べると短いですがそれでも繁忙期は6時間並ぶこともあったそうです。

今は絶叫優先券があるので避けようがありますが、昔は並ぶしかなかったので大変でしたね・・・

 

スポンサーリンク

富士急ハイランド待ち時間短縮【混雑回避10のポイント】

富士急ハイランドでの待ち時間をできるだけ短く、混雑を回避するポイントをまとめました!

平日に行く

王道の方法ですが、繁忙期を避けるのが一番効果的です!

もし天候も気にしないというのでしたら、

  • 晴れより雨の日
  • 夏場より冬場
  • 連休明け
  • 営業短縮日

を攻めると待ち時間が減る可能性がグンと高まりますので参考にしてください^^

ただし、雨が強かったり、冬は凍結してたりするとアトラクションが運休になっている場合もあるので注意してください!

富士急ハイランドの入園開始1時間前に並ぶ

平日ならまだしも、仕事の都合でどうしても混雑時に行かなくてはならない時は開園前から入場ゲートに並んでおくことをおススメします。

閑散期なのか繁忙期なのかにもよりますが、平日は30分前、繁忙期は1~2時間前を目安と思っていてください!

開園と同時に目当てのアトラクションに並べば、人気アトラクションであっても少ない待ち時間で乗ることができます!

朝イチでないと味わえない貴重なタイミングですので、有効活用しましょう^^

過去のツイートを参考までにご紹介すると↑↑混んでる場合開園1時間前でもけっこう並んでいることもあるようですね!

スポンサーリンク

優先入場を利用する

通常開園は9:00~ですが、以下の方は15分前(土日は30分前)から優先的に入園することができます!

  • 年間パスポートを持っている人
  • オンライン顔登録のフリーパスを持っている人
  • 富士急ハイランドオフィシャルホテルに宿泊している人

特にとても混雑している日は、開園9:00の入場前であっても2時間待ちのアトラクションが出ているほどです。

入場優先の方がまとまって人気アトラクションに並ぶと、これだけの待ち時間になってしまうんですね。

もし可能であれば、平日の比較的空いている日に優先入場を利用できれば完璧ですね!

富士急ハイランドの回り方工夫する

富士急ハイランドを効率よく回るためには、アトラクションに乗る順番がとても重要です。

ポイントは、

  • 人気アトラクションを最初にする
  • 絶叫系に連続で乗りすぎないようにする
  • 並んでる間にアプリで他のアトラクションの待ち時間を確認して戦略を立てる

絶叫系は自分が思ってるよりも体に負担がかかっているので、あまり連続すると気分が悪くなってしまうかもしれません。

そうなると休憩に時間を取られてしまうので、できれば3~4回に1回は絶叫以外のアトラクションを挟んでおくことをおススメします^^

スポンサーリンク

前売り券を事前購入しておく

チケットは当日でも購入することができますが、そのために列に並ぶ必要が出てくると時間のロスになります。

オンラインチケットなら公式アプリから事前に購入できますので、少しでも時間を節約して効率よく回るために是非活用してくださいね^^

絶叫優先券を購入する

『絶叫優先券』とは、フジヤマ・ドドンパ・高飛車・ええじゃないかなどなど、富士急ハイランドの人気アトラクションをほぼ待ち時間なしで楽しめる有料のチケットです!

1枚あたり2,000円程かかりますが、上手く使えば効率的に回ることができます!

絶叫優先券はネット販売の前売り券と、現地販売の当日券がありますが、枚数が決まっているので前売りで売り切れると当日券はありません。

購入できる期間も利用日の3日前の正午~と決まっているので、注意してくださいね!

昼食は11時頃にずらす

アトラクションの待ち時間が長いという事は、それだけ人も多いという事なので当然レストランも混み合います。

少し早めに昼食を設定しておくと、食券並ぶ時間を短縮することができるのでおすすめですよ!

スポンサーリンク

目当てのアトラクションに近いゲートに並ぶ

富士急ハイランドには「第1入園口」「第2入園口」の二つがあり、どちらも同じ時間に開園となります。

乗りたいものが決まっているなら、その場所に近いゲートに並びましょう!

  • 第1:FUJIYAMA、ドドンパ、高飛車など
  • 第2:ええじゃないか、戦慄迷宮、絶望要塞3など

車で来園する場合は目当てのアトラクションに近いゲートの方に停めて下さいね^^

高速バスで来園する場合は「第1入園口」、電車にて富士急ハイランド駅に来る場合は「第2入園口」となります!

公式アプリをダウンロードする

富士急ハイランドには『Qちゃん』という公式アプリがあります!

このアプリ活用することで、効率的に回ることができます!

  • 現在地から目的地までのルートマップ
  • 各アトラクションのリアルタイム待ち時間
  • 絶叫優先券の購入
  • オンライン事前チケット購入
  • アプリ会員限定の情報や特典が受けられる「チェックイン機能」

など

リアルタイム待ち時間で戦略をたてて、ルートマップで無駄なく移動すればとても効率が上がりますね^^

是非チェックしてみて下さい!

時間指定券は事前に買っておく

ホラーアトラクションの戦慄迷宮に行く場合、時間指定券が必要です。

戦慄迷宮の入り口で直接購入することもできますが、事前にWEBで購入しておけば当日の移動時間を少しでも節約できます!

時間ごとに入れる人数が決まっているため、時間指定券が売り切れたらその日は戦慄迷宮に行く事が出来ないので、注意してくださいね^^

 

スポンサーリンク

富士急ハイランドzokkon(ゾッコン)情報!

2023年7月20日、「高飛車」以来12年ぶりとなるバイク型の新大型コースターが誕生します!!

建設費用はなんと45億円!

バイク型のライドに乗り、旋回・急加速・逆走しながら疾走感と爽快感が味わえます^^

「逆走」がどんな感じなのか気になりますね!

恐らく待ち時間はエグイことになると予想します。

過去の新アトラクションの傾向から見ると、8時間くらいになるのではないでしょうか・・・

きっと絶叫優先券が必須ですね^^;

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、富士急ハイランドの待ち時間や混雑回避のポイントをまとめました!

コロナ規制も緩和され、新アトラクションの発表もあり今後より混雑するかもしれませんね。

これから富士急ハイランドに行く予定の方の参考になれば嬉しいです^^

コメント