PR

北海道かに太郎が廃墟のようになったのは何故?奥さんや子供は?クチコミ評判についても

テレビ
スポンサーリンク

2024年2月6日放送の『アンタッチャブるTV』にて、“伝説のかに飯店”として「かに太郎」さんが紹介されます!

野生爆弾のお二人が「かに太郎」へ訪れ、まるで廃墟のようなお店を再生するという内容ですが・・・一見とても飲食店には見えないその見た目に非常にインパクトを受けました^^;

以前『月曜から夜ふかし』でも放送されていたようで、その時も反響があったようです。

今回の『アンタッチャブるTV』放送をきっかけに気になる方も多いのではないかと思い、「かに太郎」さんについて調べてみることにしました!

この記事では、

  • 北海道かに太郎が廃墟のようになった理由は?
  • 奥さんがいる時はどうだった?
  • 子供はいるの?
  • かに太郎の評判や口コミ

など、気になる事をまとめています。

ぜひご覧ください♪

 

スポンサーリンク

かに太郎が廃墟のようになった理由は?

外観写真 : かに料理専門店 かに太郎 – 虎杖浜/かに | 食べログ (tabelog.com)

一見、廃墟かと思ってスルーしてしまうインパクト大の見た目ですが、もちろん開店当時からこうだったわけではないですよね。

「かに太郎」さんは今年で開店54年目を迎えるそうですが、なぜこんなことになってしまっているのか、調べてみました。

すると、

  • 昔は多くの飲食店でひしめいていたが、高速道路の延伸やコンビニや道の駅の増加により廃れていってしまった
  • 一日に提供できる量が限られており、お客さんがあまり来ない様にわざと廃墟っぽいまま営業している

という事が分かりました!

高度経済成長により開店当時はたくさんの建物がたっていたそうですが、それらドライブインなどのお店は次々と閉鎖され、その廃墟的なものが多く残っています。

その廃墟を解体した業者がここに廃材を放置してしまい、このような状況になったそうです。

「かに太郎」の横に合ったお店との間にあった木の柵も、風化して崩れてきてしまったものがそのまま積んであるそうですよ。

ただ、この廃材たちは具材を調理するために使っている薪ストーブの燃料になっているんだとか!

それにしては廃材が多すぎる気もしますが・・・^^;

そして、片付けたりごみを処分しない理由は店主の山下さん曰く

「あまり目立つとお客さんたくさん来ちゃうから、あえて廃墟っぽいまま営業しているんだよねー。」

とのこと!

また、今は亡くなられている奥様も「いやー、ここはやってないようにやってる店なんだわ」とおっしゃっていたそうなので、廃墟っぽいのはご夫婦の経営方針なのでしょうか(笑)

ちなみに、いつ頃から今のような廃墟っぽい感じだったかは定かではありませんが、2010年頃はすでに今のような状態だったという情報がありました!

スポンサーリンク

かに太郎の昔は?

開店当時のきれいな昔のお写真も見てみたいと思ったのですが、ざんねんながら奇麗な状態のお店の画像は見つかりませんでした・・・

ただ、開店当時はお客さんが行列を作って並ぶほどの大繁盛だったそうです!

今は店内を半分以上埋め尽くしてしまっている家具やイスなどの備品も、当時はしっかりあるべきところにあって店内ぐるっと一周できるじょうたいだったことでしょう。

今回番組で放送される『アンタッチャブるTV』では、お店の再生をするという企画なので、どれくらい奇麗になるのか楽しみですね!

 

スポンサーリンク

かに太郎の店主(山下さん)の奥さんは?

「かに太郎」は、2024年で88歳になる店主の山下敏男(やましたとしお)さんがお一人で切り盛りしていらっしゃいます。

もうすぐ90歳というお年で一人で運営していくなんて、本当に大変なことだと思います。

007:かに太郎は元旦から営業中!!〈ただし1日2時間だけ!!〉 | 北海道いい旅研究室 (iitabi.biz)

実は山下さんには「照子さん」という奥様がいて、ずっと二人でお店をやっていました。

ところが、2014年に照子さんがなくなってしまい、そこからずっとお一人なんだそうです。

奥様と二人でお店をやっていることを知っている方からは、

  • 奥さん元気な時はお店ももっと小ぎれいだったなぁ・・・
  • 厨房から奥さんが「男性はご飯大盛りにしておいたから」って声かけてくれたのが懐かしい・・・

という声も聞かれました。

お一人になってもう数年たちますが、今でもたまに「1人だから~」なんて奥さんが亡くなったことの寂しさをにじませているようです。

今年88歳でもこのお店を守り続けているのは、奥さんとの想い出の場所に居たいという気持ちもあるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

かに太郎の店主(山下さん)の子供や家族構成は?

1人でお店を切り盛りしている店主の山下さんですが、お子様はいらっしゃるのでしょうか。

ご家族がいるかどうか気になったので、調べてみました。

すると、山下さんには

  • 長男
  • 次男
  • 長女

と、3人のお子様の他、お孫さんもいらっしゃることが分かりました!

長女のお名前は「まきこ」さんといって、新潟にお住みのようですが、定期的に父親を訪れ様子を見に来てくれているようです!

『アンタッチャブるTV』の番組で、かに太郎の外観をきれいにした際には「急に工事が始まったときいて、悪徳業者にだまされたのではないか」と息子さんから心配のお電話がかかってきていました。

同居はしていませんが、いつも父親を気に掛けて心配している素敵なお子様に囲まれているんですね^^

 

スポンサーリンク

かに太郎のメニュー

名物はワンコイン500円で食べられる「かに飯」!

ご飯の上にはほぐしたカニの身が丁寧に敷き詰められており、その上に刻んだタケノコやシイタケ、さらにその上に紅ショウガが乗っている一番人気メニューです。

その他はどんなメニューがあるのでしょうか!

お値段も気になったので調べてみま^^

  • かに飯(味噌汁付き):500円
  • かに定食A:1200円
  • かに弁当:400円
  • かに酢物:500円
  • かに刺身:時価
  • かに姿作(大中小):時価
  • かにみそ汁:500円
  • かに鍋(二人前):3000円

その他、飲み物はコーヒーや紅茶、ファンタやコーラにビールも取りそろえがあるようです。

当たり前ですが、カニ尽くしですね!

名物かに飯以外のメニューも、本場北海道のカニを味わえるにしてはお安いのではないでしょうか^^

こちらのお値段は税込み価格という事ですので、文字通りワンコインの模様です!

ちなみに、テイクアウトはやっておらず、イートインだけしかできません。メニューのかに弁当は今は提供されていない可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

かに太郎の評判や口コミは?

かに太郎に実際に行った方の感想を調べてみました。

食べログでの評価は星3.40とまずまずの評価!

良い口コミと、悪い口コミに分けてご紹介していきますね↓↓

スポンサーリンク

良い口コミ「500円で美味しくて最高」の声多数

  • カニの身は風味豊かだし、タケノコとシイタケは仄かな醤油味が絶妙
  • はっきり言って量は少ないけど、カニの味がとても良く出ていて美味しかったし500円なのでコスパ◎
  • ご主人が気さくに話しかけてくれてとってもいい人だった
  • このレトロ感がたまらない

非常に美味しい!という方もいらっしゃる中で、「500円なら全然OK」という方も半数近くいらっしゃるような印象でした。

食事だけでなく、この佇まいでまだ営業しているという“特別感”も高評価に上乗せされているようですね^^

スポンサーリンク

悪い口コミは「汚い、不衛生」が多数・・・

  • 店内の窓にはカーテンもブラインドも無く、太陽光が容赦なく入ってくるため店内が温室の様だった
  • お店の中は昭和というか汚いというか物がいっぱい置いてあるというか…
    よくこれで開店してんなというのが率直な感想
  • お味噌は普通のわかめでしたが、何だか生臭い…なんでこんな生臭いんだろう。

勇気を出して入ってみたけどやっぱり汚くてすぐに出たくなった、のようなお店の清潔感に関する意見がやはり多かったです。

また、食事に関しては「コンディションが悪い日があるかも」というところで、カニの量や味付けの濃さなどにばらつきがあるような口コミもありました。

 

スポンサーリンク

かに太郎のアクセス・行き方【北海道白老町虎杖浜】

かに太郎は北海道白老町の国道36号沿いにあります!

  • 住所:〒059-0642 北海道白老郡白老町竹浦116
  • 電話:0144872993
  • 営業時間:10:30~12:30頃※売切れ次第終了
  • 定休日:不定休

道路沿いを走っていくと、開けた海の背景とともに特徴的な八角形の建物と木材?の山が現れます!

開店時間にお店を除くと全く人気がなく準備している様子も見えないため、「本当にやっているのか?」と不安になるかもしれません。

でもご安心ください!

店主の山下さんは開店時間まではすぐ隣にある「寿水産」の白い建物にいる様で、時間になったらちゃんと出てきてくれます(笑

店主に用事がある場合や、台風などの悪天候の時には営業していないようなので、行く前に電話で連絡しておく方がいいと思います!

営業時間については「売り切れるまで」なので、早ければ11時で終わる事もあるし、15時くらいまで営業していることもあるそうですよ!

その日によって違うのですが、どうしても食べたいのであれば開店直後の時間を狙いましょう^^

スポンサーリンク

かに太郎にトイレはある?

こちらの「かに太郎」さん、トイレがあるのかどうか気になりませんか?

個の見た目(失礼)からすると、トイレは使えないんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが・・・

トイレはあります!

こちらのYoutubeに、トイレの様子が映っておりました。

急な階段を下った地下にあり、かなり年季が入っていますのでご覚悟を!

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、ここまでをまとめると

  • かに太郎が廃墟っぽいのは道路の開拓がすすみ周辺一帯が廃れ、「廃墟っぽく営業する」というご夫婦の経営方針によるもの
  • 昔は行列ができるほどの大繁盛店だった
  • 奥さんの「照子」さんは2017年に亡くなっており、店主の山下敏男さんが一人で切り盛りしている
  • メニューは看板の“かに飯”以外もリーズナブル!
  • 良い口コミ:美味しくてコスパ◎
  • 悪い口コミ:清潔感がない、味や量にばらつきがある
  • 店内にトイレはある!

となります!

知る人ぞ知るお店、から、今回テレビで放送されるにあたりどんどん有名になってしまいますね^^

皆さんもお近くに行く際は是非チェックしてみて下さい♪

コメント