PR

薗浦健太郎の自宅の家賃や住所は?妻・子供など家族構成と学歴経歴についても

政治
スポンサーリンク

政治資金規正法違反で有罪が確定した薗浦(そのうら)健太郎・前衆院議員。

国民から集めた大切な税金(旧文通費)で家賃や税金支払っていたという事で、非常に残念なニュースでした。

この記事では、このニュースを受けて個人的に気になった薗浦健太郎さんの自宅について調査してみました。

妻や子供はどんな方なのかや、薗浦健太郎さんの経歴学歴などプロフィールもまとめています。

是非ご覧ください!

 

スポンサーリンク

薗浦健太郎の自宅は高級マンション?

薗浦健太郎さんの自宅について調べてみると、ネット上には

  • 高級分譲マンション
  • タワマン

という情報が出てきました。

どちらの情報も同じ家の事を指すのか、別の家の事を指すのかは定かではありませんが、“高級マンション”も“タワマン”もどちらも高額な家賃であることは容易に想像できます。

いずれの情報も住所は【千葉県市川市】と一致しているため、お住まいの地域は間違いなさそうです。

どこのマンション(タワマン)なのかは不明なのですが、住所を元に家賃相場を調べてみました!

スポンサーリンク

薗浦健太郎の家賃はどれくらい?

千賀県市川市の高層マンションをベースに家賃を調査してみたのですが、本八幡駅・市川駅周辺にある30階建て以上のタワマンですと

高層階の家賃は20~40万円

が相場のようです。

仮に家賃30万円前後だとすると年間で360万円となり、これは25歳以下のサラリーマンの年収と同じくらいの金額になります。

薗浦健太郎さんのご自宅がどれくらいの家賃だったかは分かりませんが、おおよそ年間300万円以上は家賃として税金が使われていたのではないかと考えてしまいます。

今回不正使用が判明した文通費の内訳は公開されない仕組みとなっていますが、このような私的な使われ方をするのであれば今後1円単位で用途を公開してほしいものです。

 

スポンサーリンク

薗浦健太郎の妻・子供など家族構成は?

薗浦健太郎氏の家族構成は、

  • 息子

の3人家族という事が分かっています。

ただ、ご家族に関しての情報はご自身のSNS等も含めあまり情報が公表されておらず分からない点が多いです。

現時点で分かった事をご紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

薗浦健太郎の妻

薗浦健太郎さんの奥様に関して分かっている情報は

ご実家は千葉市内

ということのみです。

ただ、2006年に行われた「薗浦健太郎後援会感謝の集い」でのお写真に薗浦健太郎さんと奥様と思われる女性が参加されていました。

松本純の国会奮戦記2006-02 (jun.or.jp)

奥様のお名前やご年齢は不明ですが、お写真を見る限り同年代のように見えますね。

薗浦健太郎さんは今年(2024年)で51歳なので、奥様も50歳前後になると思われます。

また、お二人の馴れ初めなども調べてみたのですが情報がありませんでした。

薗浦健太郎さんは東京大学を卒業し読売新聞千葉支局勤務後に政界入りをしているため、出会いは学生時代か新聞社勤務時代になるでしょう。

奥様のご実家が千葉県という事なので、もしかしたら新聞社で出会ったのかもしれませんね!

スポンサーリンク

薗浦健太郎の子供

薗浦健太郎さんのお子様に関しては奥様より更に情報が少なく、分かる事はありませんでした。

あくまでも推測となってしまいますが、薗浦健太郎さんのご年齢を考えると息子さんの年齢は20代前半から半ばくらいだと思われます。

父親が東大卒という事で、息子さんもとても優秀なのではないでしょうか。

また、薗浦健太郎さんの生まれは普通の町工場であり、政治家とは無関係なお家柄な事を考えると、息子さんが政治家を志す可能性はそこまで高くないのではないでしょうか。

恐らく現在は大学生か、一般企業にお勤めの社会人なのだと思われます。

 

スポンサーリンク

薗浦健太郎のwikiプロフィール

最後に、薗浦健太郎さんのプロフィールや学歴・経歴をまとめてご紹介します!

  • 生年月日:1972年6月3日
  • 血液型:A型
  • 趣味:読書、映画鑑賞
  • 座右の銘:成せば成る

一般家庭の生まれながら、東京大学卒⇒読売新聞社東京本社社長勤務⇒政界入りと華々しい経歴の持ち主手ですが、『2017~2021年において政治資金パーティーの収入4000万円を過少記載』の件で2022年12月に議員辞職されています。

スポンサーリンク

薗浦健太郎の学歴と経歴

薗浦健太郎さんは

  • 香川県立高松高校(偏差値71)
  • 東京大学法学部(偏差値71)

という高学歴の持ち主です。

地元の高松高校は多くの政治家や文化人を輩出しており、高校卒業後はストレートで東大に合格しています。

また、読売新聞社を退社後の経歴は

  • 2004年2月 :衆議院選挙に自由民主党公認で落選後、当時総務大臣だった麻生太郎の政策担当秘書を勤める
  • 2005年:再び千葉5区から出馬し初当選
  • 2013年2月:衆議院外務委員会理事
  • 2014年9月:外務大臣政務官
  • 2016年8月:外務副大臣
  • 2017年8月:内閣総理大臣補佐官
  • 2018年10月:内閣総理大臣補佐官再任
  • 2019年9月:自民党総裁外交特別補佐
  • 2020年9月:自由民主党副幹事長・選挙対策委員会副委員長

と順調に出世コースを歩まれていました。

能力の高い方だという事がコチラの経歴からも分かるかと思いますが、まさか政治資金規正法を犯していたとは・・・

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、ここまでをまとめると

  • 薗浦健太郎の自宅は千葉県市川市の高級マンション(タワマン)
  • 家賃は相場で月30万円ほど※高層階
  • 薗浦健太郎の家族構成は妻・息子の3人家族
  • 妻は千葉県出身
  • 息子に関しては殆ど情報がない(年齢は20代前半~半ばと思われる)

となります。

今回政治資金規正法で有罪が確定したことで、岸田政権へ更に打撃を与えるのではないでしょうか。

今後の動向を見守りたいと思います。

 

コメント