PR

USJスパイダーマン終了はなぜ?権利上の理由やディズニー移転の噂について調査!

お出かけ
スポンサーリンク

USJの『アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド』が2024年1月22日をもって終了することが決まりました。

オープンから長らく愛されてきたアトラクションなだけあって、世間からは悲しみの声が続出!!

こんなに人気なアトラクションなのに、なぜ終了してしまうのでしょうか?

公式から発表されている理由の他にも、権利の問題でディズニーが関係しているとの情報も・・・

そこでこの記事では、

  • USJスパイダーマン終了はなぜ?
  • USJスパイダーマンの権利契約って?
  • usj スパイダーマンがディズニーに移転する?

など、気になることをまとめました!

 

スポンサーリンク

USJスパイダーマン終了するのはなぜ?

終了する理由についてUSJは、『パーク体験の更なる進化に向けて』と発表しています。

しかしもう一つ、スパイダーマンコンテンツの権利契約の問題があるようです。

それが、

『USJとディズニーとの間でスパイダーマンの使用期間を2024年までにするという契約を結んでいたから』

というものです。

ディズニーがマーベルを買収してから、ユニバはスパイダーマンとの契約延長が出来なくなったということです。

2024年で契約終了という事は予め決まっていたようなので、今回のUSJスパイダーマンの終了は仕方の無いことなんですね。

 

スポンサーリンク

USJスパイダーマンの権利はディズニー?ソニー?

スパイダーマンの権利について、「ディズニーが持っている」「ソニーが持っている」という二つの情報があったので詳しく調べてみました。

結論から言うと、スパイダーマンの権利はディズニーもソニーも両社とも持っているようです。

 

スパイダーマンは元々マーベルのキャラクターでしたが、マーベルが経営難でキャラクターの映像化権を切り売りしてたと言われる時期がありました。

そこでスパイダーマンの映像化権を買い取ったのがソニーです。

マーベルとソニーでスパイダーマンの権利を分割しており、ソニーはあくまでも映像化権のみ所有しているかたちで、グッズや漫画などはマーベル側に権利がありました。

なので、スパイダーマンの映像化権はソニーが所持し、それ以外の権利はマーベルを買収したディズニーが所持ということになっているようです!

複雑でわかりにくいですね^^;

 

スポンサーリンク

USJスパイダーマンはディズニーに移転する?

USJスパイダーマンの終了発表を受けて、悲しみの声と同時にディズニーへ移転を希望する声が多く上がっています。

ディズニーへ移転の可能性はあるのでしょうか?

色々と調べてみたのですが、結論からいうとそういった情報は見つかりませんでした。

ちなみに、アトラクション関係の契約のなかに「パークから○○km以内の位置に同じキャラのアトラクションを作ってはいけない」というような項目があった為、これまでディズニーではスパイダーマンのアトラクションを作れなかったそうです。

今回の件でディズニーにスパイダーマンのアトラクションが作れるようになるので、移転されてもおかしくないですよね。

複雑な権利構造などもあるのですぐには難しいかもしれませんが、いつかディズニーでスパイダーマンが見られるといいですね^^

 

スポンサーリンク

USJスパイダーマンファイナルキャンペーンを楽しもう!

スパイダーマン終了に伴い、2023年7月4日から運営終了日まで「スパイダーマン・ザ・ライド」ファイナル・キャンペーンが展開されます。

  • 特定のアトラクションの待ち時間を短縮できる「ユニバーサル・エクスプレス・パス」
  • 「スパイダーマン・ザ・ライド」に2回乗車できるパス
  • 思い出に残る記念グッズ(ステッカー)

など充実の内容!(詳細は公式HPをご覧くださいね♪)

 

スパイダーマン最後のキャンペーンですので、ご家族や友人恋人とお出かけの予定を立ててみてはいかがでしょうか!

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、USJスパイダーマンの終了理由と権利構造、ディズニーへ移転するのかどうかについてまとめました!

USJの大人気アトラクションだっただけあって多くの関心が寄せられている本件ですが、『スパイダーマンの跡地には何ができるの?』といった疑問の声も多く聞かれます。

コチラ↓↓に詳しくまとめましたので、よろしければチェックしてみて下さい^^

コメント