PR

皇族ドレスの値段は?ローブデコルテやローブモンタントは一般人でも購入できるのか?

気になること
スポンサーリンク

皇室の女性は正式な儀式の際、素敵なドレスをお召しになっていますよね!!

こちらのドレス、いったいお値段はどれくらいするのでしょうか?

全体的に刺繍の入った高級感のある素材でとても高価なものだと思われますが、皇族以外の方でも購入できるのでしょうか?

 

この記事では、↑↑愛子さまが成年の祝賀行事でお召しになられていたタイプのドレスについて

  • 皇族ドレスの値段はいくらなのか
  • 一般人でも購入できるのか

を、調べてみました!

そのほか皇族ドレスについて気になったことも補足でまとめています。

この記事がお役に立てばうれしいです!

 

スポンサーリンク

皇族ドレスの値段はいくら?

 

結論から言うと、最低でも100万円以上するのではないかと言われています。

皇族の衣装に使われる生地として有名なのが「龍村(たつむら)美術織物」のもので、皇室御用達ブランドの中でも特に深い縁を築いていると言われています。

こちらの龍村の生地でドレスを制作した場合およそ80万円~となるのですが、皇室着用のドレスが最低価格なわけありませんよね!

 

女性皇族が着用しているティアラは数千万円すると言われているので、もしかしたらドレスも100万円じゃきかないかもしれません^^;

ちなみに、一般的なウエディングドレスをフルオーダーメイドで作成した場合、最高級の物で100万円前後するそうです。(参考までに) 

 

スポンサーリンク

皇族ドレスの種類

 

皇族女性が正式な場でお召しになるドレスですが、2種類の形があり、それぞれ「ローブデコルテ」「ローブモンタント」という名称になります。

ひとつずつ解説していきますね!!

「ローブデコルテ(ローブモンタント)」=皇族の物という訳ではなく、ドレスの名称です。女性の最も正式な礼装として扱われています!

 

ローブデコルテ

ローブデコルテは「夜の装い」です。

胸元まで大きくカットされていて、首や背中も露出したノースリーブドレスになります。

  • 主にティアラとセットで着用
  • 肘上の長い手袋着用
  • 革製でないハンドバッグ
  • センス
  • サテンの靴

令和元年に行われた「即位後朝見の儀」で、皇后の雅子さまが着用していたさことで注目を浴びるようになりました!

 

ローブモンタント

ローブモンタントは「昼の装い」です。

胸元は閉じられ、袖が手首まであり裾もくるぶしまでと露出を抑えたドレスです。

  • 主に帽子とセットで着用
  • 手首までの手袋
  • センス

ローブモンタントは夜間に着る場合もあるようで、紀子さまがタイの国王葬儀に参列した際は夜間の着用だったそうです。

 

スポンサーリンク

ローブデコルテやローブモンタントは一般人でも購入できる?

 

皇族の方がお召しのものと同様のローブデコルテやローブモンタントを一般人が購入できるという情報は、残念ながら見つけられませんでした。

「龍村美術織物」 の生地も皇室専用のため、一般には販売されていないものだそうです。

さすがに皇室の方と同じドレスは一般人には格式もお値段も高すぎでしょうか・・・^^;

 

ちなみに、演奏会や結婚式で着られるようなローブデコルテデザインの一般人向けのドレスネットでも購入できます。

楽天市場がある程度種類もあってお値段もお手頃ですよ♪

ローブデコルテのデザインがお好きな方は是非見てみて下さい!

※AmazonやYahooショッピングだと取扱いはなさそうでした

 

ローブデコルテは挙式でレンタルできる!

購入ではなく、レンタルで着ることができる場所がありました。

それが京都にある皇室縁の上賀茂神社です!!

天皇即位後の行事で皇后雅子さまをはじめとする女性皇族がローブデコルテをまとわれている姿が頻繁に報じられて、上賀茂神社では結婚式にを貸し出すプランを用意したそうです。

衣装のレンタルは35万円からという情報があったのですが、現在は公式HPに記載されていないので気になる方は直接お問い合わせください!! 

大変人気なプランで、プラン開始時は70件も予約が入ったということです^^

 

スポンサーリンク

皇族ドレスについてよくある質問

 

皇族ドレスのお値段や一般人でも着用できるかを調べてきましたが、その他気にあることがいくつかあったので簡単にまとめてみました♪

皆様の疑問が解決されるといいのですが^^

皇族ドレスのブランドは?

皇族ドレスのブランドについて調べたのですが、どうやら商業主義に巻き込まれないよう公表されていないようです。

ブランドについては分からなかったのですが、「皇室デザイナー」とよばれる皇室の方お気に入りのデザイナーさんがいらっしゃることが分かりました!

  • 森英恵さん:皇后雅子さまのご成婚時に着用していたドレスをデザイン
  • 宇治正人さん:紀子さまの衣装デザイナー
  • 伊藤すま子さん/伊藤和枝さん:雅子さま、紀子さまの衣装を制作
  • 芦田淳さん、植田いつ子さん:美智子様の専属デザイナー

有名なデザイナーさんばかりです!!

 

ローブデコルテ(モンタント)の素材は?

一般的にはシルク素材が主となっており、レースをあしらった厳選された素材が使われます。

金銀糸を用いて皇室にふさわしい美しい柄が織り出されます。

金銀糸というのは、本金箔が使用され職人の手によって手作業で作られる高級糸!

その光沢は非常に美しく、いつまでも色あせない輝きだそうですよ^^

 

「ローブデコルテ」の意味は?

フランス語で、胸元が大きく開いたイブニングドレスの事を言うそうです!

格式が高いドレスとして、海外でも王室一族がよく着用しています。

「ローブ」は英語でいうと「ガウン」にあたり、戦利品・略奪品という芋の古いフランス語に由来していて、もともとは衣類全体をさす言葉でした。

そこから一揃いの衣服をいゆようになって、身分の高いものの正装に使われるようになったそうです!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

以上、皇族ドレスの値段や一般人でも購入できるのかについてご紹介してきました!

見た目から明らかに高そうなドレスなので、100万円以上すると言われているのも納得です。

一般人が購入することは難しそうですが、上賀茂神社で挙式レンタルがあるので気になる方はチェックしておきましょう♪

 

今後も皇族の方がどんなドレスをお召しになるのか楽しみですね^^

ここまでお読み頂きありがとうございました!

 

コメント