PR

ミャクミャクグッズはどこで売ってる?ぬいぐるみ再販情報やナンバープレート申請方法についても!

気になること
スポンサーリンク

2025年4月13日から10月13日までの184日間、大阪の夢洲(ゆめしま)地区で2025年日本国際博覧会(以後、2025大阪・関西万博)が開催されます。

そこで話題となっているのは公式キャラクター『ミャクミャク』です!

引用元:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
(https://www.expo2025.or.jp/news/news-20230118-03/)

 公式キャラクター“らしく”ないユニークな見た目ですが、見れば見るほど愛くるしく愛着が湧いてくる不思議なキャラクターです。

そんなミャクミャクの公式グッズは売切れてしまうほどの人気ぶりでなかなか手に入らない商品もあるのだとか。

 今回は話題を呼んでる『ミャクミャク』のグッズの、なかなか手に入らない商品の購入方法や期間限定の商品がどこで売っているのか調べてみました!

 

スポンサーリンク

ミャクミャクグッズはどこで売ってる?

 2023年7月26日現在、2025大阪・関西万博公式キャラクターミャクミャクのグッズが売っている店舗をまとめてみました。

公式全商品を取り扱う店舗
  • 近鉄百貨店(あべのハルカス近鉄本店、上本町店、奈良店、橿原店、和歌山店、
    四日市店、草津店)
  • 大丸松坂屋百貨店(大丸梅田店)
一部商品のみ取り扱う店舗
  • ハンズ(梅田店、心斎橋店)
  • 丸善&ジュンク堂(梅田店)
  • 梅田スカイビル(UMEDA SKYBLDG GALLERY SHOP)
  • 通天閣オフィシャルショップ
  • ニューオータニショップ大阪
  • 大阪モノレール駅構内(セブンイレブンモノウェル千里中央店、万博公園店、門真店、南茨木店/エプロントモノウェル千里中央店)
  • 羽田空港第2ターミナル(Tokyo’s Tokyo)
  • 成田空港第1ターミナル(藤娘 南ウィング店)
  • 新大阪駅(アントレマルシェエキマルシェ新大阪店、アントレマルシェ新大阪中央店)

オンラインストアにはミャクミャクグッズが欲しいのに関西に遠くて行けない方にはもちろんですが、公式グッズ全商品取り扱いしている上に、新商品の情報もいち早くわかるのでチェックしてみるて損はないと思います!

スポンサーリンク

ミャクミャクグッズの紹介

ミャクミャクグッズはどのようなものが売っているのでしょうか。

4月12日に販売された第1弾にはぬいぐるみやTシャツ、タオルのほか、ミャクミャクのアクリルスタンドなど計11種類24品目が登場しました。

第2弾では人気があった缶バッチやアクリルスタンドのミャクミャクの新しいポーズが追加されました。

引用元:2025大阪・関西万博公式ライセンス商品オフィシャルオンラインストア/ピンバッチ 02(https://expo2025shop.jp/products/detail/4546717521637-00)/アクリルスタンド04(https://expo2025shop.jp/products/detail/4546717521828-00)?/Tシャツ01(https://expo2025shop.jp/products/detail/4546717520562-01)

2023年7月26日現在では、第3弾となる新商品のネックストラップやランチトートバックといった計3種類5品目を発売したばかりです。

引用元:2025大阪・関西万博公式ライセンス商品オフィシャルオンラインストア(https://expo2025shop.jp/news/36)

ミャクミャクグッズのコレクターもいるらしいですよ^^

ぜひ自分の欲しいミャクミャクグッズを見つけてみてください!

 

スポンサーリンク

ミャクミャクグッズのぬいぐるみが売切れ?

見れば見るほど不思議と愛くるしいキャラクター『ミャクミャク』ですがグッズはどういったものが人気なのでしょうか。

発売されてから実店舗でも公式オンラインストアでも幾度となく即完売している入手困難な商品があります。

それは、Twitterでも可愛いと評判の「ミャクミャクぬいぐるみS」で非常に高い人気を誇っています

公式オンラインストアでは再販するも1分たらずで完売してしまう人気ぶりなのです。

引用元:2025大阪・関西万博公式ライセンス商品オフィシャルオンラインストア(https://expo2025shop.jp/products/detail/4546717520791_2307-00)

なんといっても魅力は、“二足で直立するフォルム”と“お尻にある赤い細胞”です。

なんとも言えないシュールさがとても可愛いくて、なんだか癒される気持ちになります!

Twitterではミャクミャクのぬいぐるみを買えた喜びの報告や、ミャクミャクのぬいぐるみやアクリルスタンドと一緒にお出かけした、というツイートが多くありました。

今後ますます人気に火がつきそうですね^^

スポンサーリンク

ミャクミャクぬいぐるみの再販情報

完売と再販を繰り返す大人気のミャクミャクのぬいぐるみは、現在ではオンラインストア会員限定の抽選が行われ当選された方のみ購入できます。

応募条件にはオンラインストアの会員登録が必要です。

抽選申込回数もお一人様一回、商品数は1点までとなっています。

支払い方法もクレジットカードのみ対応しており、購入期限もあるので忘れないようにしてくださいね。

2023年7月26日現在、7月入荷分の抽選応募期間は終了し、次回入荷分の抽選販売の開始期間はまだ未定となっています。

開始時期は決まり次第、公式オンラインストアで発表されるので定期的にオンラインストアのチェックがおすすめです!

 

スポンサーリンク

ミャクミャク?のナンバープレートも人気

約3年間の期間限定で国土交通省より交付される大阪・関西万博の記念として、特別仕様ナンバープレートがあることをご存知でしょうか?

引用元:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会https://www.expo2025.or.jp/news/news-20220909-02/

この「ミャクミャクのナンバープレート」と呼ばれていますが、実はミャクミャクでなく正式には公式ロゴマークがデザインされています。

ただ、公式ロゴマークをもとにミャクミャクは生まれたので、ミャクミャクのナンバープレートと言っても間違いではないかもしれませんね!

デザインは登録自動車は普通自動車自家用、事業用、軽自動社自家用と3種類に分かれています。

それに加えて万博開催支援として寄付をするとフルカラー版を選択できるようになり、寄付金なしだとモノトーン版となる仕様ですので6種類あります。

引用元:万博特別仕様ナンバープレートのデザイン及び交付スケジュール決定! – 国土交通省(https://www.mlit.go.jp/jidosha/zugaranumber_expo2025/)

 実は、ミャクミャクが描かれているナンバープレートもあるんです。

これは、大阪市が交付する原付自動車のナンバープレートです。

ミャクミャクがあしらわれていて、かわいいですね!

ただこちらは、交付対象者は大阪市で主に特定の駐車できる置き場がある方(大阪市民)だけなので手に入れるだけ難しいのかもしれません。詳しくは大阪市のホームページをご確認ください!

ミャクミャクのナンバープレートの申請方法

全国で交付される特別仕様ナンバープレートは現在すでに交付は開始しております!

申請方法については、令和7年12月26日までに図柄ナンバー申込サービスのWebサイトから申込み、または、交付窓口やお近くのディーラー・整備工場などに相談してみてください。

また、交付料金は地域ごとにより異なりますのでご確認もお願いしますね^^

 

スポンサーリンク

大阪万博について気になる事

最近、Twitterではよくミャクミャクのイベント出演を見かけます。

公式キャラクターとして2025大阪・関西万博を盛り上げていますが、そもそもミャクミャクの正体ってなんだろう?

そして、2025大阪・関西万博について気になることをまとめてみました。

ミャクミャクの正体は何ですか?

愛くるしい姿のミャクミャクの正体を紐解いていきましょう。

ミャクミャクが生まれる前のことです。
赤い部分の「細胞」の公式ロゴマークが居ました。そんな細胞である“生きているロゴマーク”はずっと「変わりたい」と願っていました。そんなとき、ミャクミャクは関西のどこかにある小さな湧水地で青い部分「清い水」と出会い、いろんな形に変われるようになりました。

分かれたり増えたりする赤い部分の「細胞」と水のように形を変える事のできる青い部分「清い水」が一つになったことで生まれたふしぎな生物というのがミャクミャクの正体です。

ミャクミャクは「なりたい自分になる」ためいろんな形に姿を変え、より良い姿を求めて変わります。

想像する力があれば、自分になりたいと思う変化の可能性も無限大なので、定まった形がないキャラクターのようです。

ちなみに、最近よくイベント出演しているミャクミャクは、「人間を真似した姿」です。

これからも、ミャクミャクの変化に注目ですね!

引用元:METI/経済産業省(https://www.meti.go.jp/press/2021/03/20220322006/20220322006.html)
スポンサーリンク

大阪万博のテーマは 何?

 大阪・関西万博のテーマは、“いのち輝く未来社会のデザイン”です。

引用元:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会(https://www.expo2025.or.jp/overview/)

人だけではなく地球上の“いのち”が、
 ・差別なくお互いを尊重し合い安心安全で暮らすこと
 ・誰もが豊かで幸せな社会をおくること
 ・たくさんある文化が共に共鳴し、共に未来を創っていくこと
の実現を目指しています。

そのためには、人類共通の問題や課題を解決する必要があります。世界中の最新の技術や知識を集めて、みんなでアイデアを交換・創造・発信して未来を創りましょう。

 人間ひとりひとりもつ価値観や生き方はたくさんあり、“誰もがその人らしく生きれる”未来社会を実現させようというのがテーマです。

大阪万博の入場料はいくらですか?

  2023年6月に2025大阪・関西万博の入場料が正式に発表されました。今回は大人基本入場料・一日券の“前売チケット”と“会期中販売チケット”を比べてみます。

 前売チケットには2種類あり、チケット発売から2024年10月6日まで購入できる超早期購入割引の前売チケットは6000円と超早期の次の日から適応される早期購入割引の6700円があります。
 会期中販売チケットは7500円ではありますが、一日券の他にも平日券や夜間券もあり来場者の予定に合わせ購入することができます。

引用元:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会(https://www.expo2025.or.jp/news/news-20230630-02/)

そのほかにも、たくさんの方々が来場できるようにとたくさんのバリエーションも設定されているうえに、18歳未満はお手頃な値段となっているため家族連れや学生達は嬉しい限りです。

 

スポンサーリンク

まとめ

2025大阪・関西万博公式キャラクターであるミャクミャクはイベントの出演も最近は増えてきてTwitterでは目にすることが多くなり人気がどんどん高まっています。

今回はそんなミャクミャクの公式ライセンスグッズやナンバープレートをご紹介しました。

入手困難なミャクミャクのぬいぐるみは是非ともゲットしてみたいものですね!

まだ入荷日は未定ですが、欲しい方はオンラインストアの会員登録を済ませておくのがいいと思います。

ミャクミャクグッズの商品はどんどん種類も増えているので自分が欲しいグッズをぜひ探してみてください。

今後もどんな商品が登場するかとても楽しみに首を長くして待ちたいと思います!

コメント